「iPad」499ドルの意味

コメントする

01/28/2010 by kaztaira

その差、10ドル。

 見た目も元気そうな、スティーブ・ジョブズ氏が、何を言いたいのか、よくわかる値段だ。
 日本時間の28日午前3時、昨年来、さんざん話題になってきたアップルのタブレット端末がサインフランシスコで発表された。名前は、これまで言われていた「iSlate(アイスレート)」はハズレで、「iPad(アイパッド)」。

ipad

 「アイパッドは、アップルの最先端の技術を、魅力的で革新的な端末に詰め込んだ。それも信じられない値段で」とはリリースにある最高経営責任者(CEO)ジョブズ氏のコメント。「アイパッドは、全く新しい端末のカテゴリーをつくり出す」と。

 その「信じられない価格」が499ドル(約4万5000円)。
 アナリストの事前の見立てでは1,000ドル(約9万円)とも言われていた値づけに比べると、格段に安い印象だ。
 そう言えば、アマゾンの電子書籍端末「Kindle(キンドル)」はいくらだったか? 最新版の「DX」を米アマゾンで見ると、これが489ドル(約4万4000円)
 その差が10ドルなのだ。アイパッドには、「iBooks(アイブックス)」という「iTunes」の書籍版のような電子書籍サービスがある。その提携先や値決めについてのデータは出ていないが、対キンドル戦略というメッセージは、はっきりしている。
 ただ、アイブックスは、米国内だけのサービス、としている。
 その他には、タッチパネル操作、14万のアプリケーションを誇る「アップストア」など、アイフォーンが備える機能は、ほぼそのまま使えるようだ。
 アイパッドには、通信機能が無線LANの「iPod Touch(アイポッドタッチ)」のようなタイプと、第3世代携帯(3G)の通信機能が使えるアイフォーンのようなタイプの2種類がある。ただ3Gタイプも、データ通信のみで、通話は想定されていないようだ。
 米国の発売時期は、無線LANタイプが3月、3Gタイプが4月とある。
 データ容量は16ギガバイト(GB)、32GB、64GBの3種類。499ドルは、16GBの無線タイプの値段だ。
 同じ16GBで、3Gタイプだと629ドル(約5万7000円)で、携帯料金は別。最も高い64GBの3Gタイプで829ドル(約7万5000円)。
 アイフォーン3GSの米国内の端末価格(新規購入)は16Gで599ドル(約5万4000円)。そして同社のノート型「マックブック」の値段は999ドル(約9万円)。
 アイパッドの値段の位置づけも、なるほどという感じだ。
 この値段は、いずれも米国内のもので、米国外での値段は後日発表とある。国外での発売時期のデータもみあたらない。ただ、対応言語には日本語も入っているし、3Gの周波数帯も、ドコモやソフトバンクが使う2100メガヘルツ帯が入っている。
 米国では3Gの通信会社は、アイフォーンと同じAT&T。
 サイズは24.3センチ×19センチと、ほぼB5版サイズ。厚みは1.3センチ。画面は9.7インチで、解像度は1024×768ピクセルのフルカラー。重さは無線LANタイプで680グラム、3Gタイプで726グラム。チップは1Gヘルツの「A4」という独自のものを搭載。電池の持ちは、連続使用で10時間。
 ではキンドルは? 24.6センチ×18.3センチ、厚さ1センチ、画面サイズ9.7インチ。アイパッドのサイズは、ほぼ「キンドルサイズ」だ。重さこそ、キンドルの方が536グラムとやや軽いが。キンドルの解像度は1200×824ピクセルだが、モノクロだ。
 データ容量もキンドルは4GBで、うち利用者が使えるのは約3GB。電子書籍の在庫は40万冊で、端末に保存できるのは3,500冊。電池は連続使用で1週間。
 キンドルは3G、無線LANとも使える。通信費用を見ると、キンドルは込み、だがアイパッドは別料金になる。
 電子端末で本だけ読みたい、という人は、電池の持ちもいいし、通信料金も気にしなくていいし、キンドルということになるだろう。
 だが、アイフォーン愛好者は(アンドロイド愛好者も)、かなり気になる端末であることは間違いない。すくなくとも、私は、相当その気になっている。
 アイパッドはキンドルキラーか? ニューヨーク・タイムズの中ですら、意見が分かれている。「アイパッドがキンドルキラーにはならない三つの理由」というブログをブラッド・ストーン記者が書けば、ニック・ビルトン記者は、同じブログに「アイパッドがキンドルキラーになる三つの理由」という具合。
 さらに、同紙のデビッド・カー記者は「アイパッド:新たな地平をひらくメディア端末」で、技術専門家のオム・マリック氏の「メディア、出版業界にとって大きな意味を持つ、極めて強力な『メディア視聴端末』だ」というコメントを紹介している。
 気になるのは、これが活字業界(および放送・映像業界)にどんな機会になるのか、という点だ。
 例えば、アイパッドのデモにでてくるニューヨーク・タイムズ。アイブックスの「課金」領域のデモではなく、普通のウェブ版が表示されている。「NYタイムズ『課金』の背景」でも紹介したように、同紙は、無料閲覧回数を制限する「メーター方式」の課金を2011年初めからスタートさせることを明らかにしている。
 となると、アイパッドは、その表示先の一つ、という程度の意味しか持たない。
 これにより、例えば電子書籍の売り上げが何割か増えるだろう、とのアナリストの見通しもある。だが、一方、アイチューンズによるネット配信の普及で、CDの売り上げは落ちている。
 この日の発表に先立ち、ロイターはこんな不吉な記事を書いている。「米アップルのタブレットPC、単独では出版業界救えない可能性
 もっともっと、頭をつかわなければ。と自戒を込めて。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 601,644 ヒット
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。