Wポストのアイフォーン課金

コメントする

03/04/2010 by kaztaira

(UPDATED 22:30)

仕事が立て込んで、しばらくブログをさぼっていました。今後もしばらく、あまり頻繁には更新できないかもしれません。あらかじめ、お詫びをしておきます。すみません。

 さて、ニュースブログ「ペイドコンテント」に、ワシントン・ポストのデジタル課金に関する記事が出ている。ウェブでは課金しない、でも、アイフォーンでは少しだけ課金する、というものだ。
 ポストのドナルド・グラハム最高経営責任者(CEO)が「オンライン版への課金の予定はない」と語った――米ネット大手AOL創業者のスティーブ・ケイス氏は日本時間の3日午前3時、ツイッターにそんな投稿をした。「ビジネスインサイダー」などにも、この話が出ている。
 でも、全部タダというわけではない。アップルの多機能携帯「アイフォーン」で、ポスト閲読専用のアイフォーン用プログラムを、年額1.99ドル(約176円)の有料で提供を始めたようだ。ポストのブログでも、こんな記事が出ている。見た目は、アイチューンズのこのページでも、みることができる。
 ツイッターやフェイスブックとの連携、記事やブログ投稿の保存機能などもついているという。ただ、このブログを書いているIT担当記者、ロブ・ペゴラロ氏は正直で、保存機能の使い勝手はいまひとつ、それに試しているうち、何度かプログラムが動かなくなった、と打ち明けている。
 ペイドコンテントの記事によると、アイフォーン用の有料プログラムは、すでに先行例があるようだ。
 例えばガーディアン。2.39ポンド(約319円)で、公開から10週間で10万ダウンロードがあったという。ざっと3000万円の売り上げだ。プログラムのいらない携帯用ページ、それにウェブは今のところ無料。
 CNNも1.99ドルで公開している。これもウェブは無料。
 ちなみに、フィナンシャル・タイムズは?
 「NYタイムズ『課金』の背景」でも紹介したように、フィナンシャル・タイムズは、ウェブでは4段階の登録・課金システムをとっている。
 携帯については、アイフォーン用のプログラム、無料。プログラムのいらない携帯用ページ、無料。そして、より多くの情報が閲覧できる携帯専用ソフトについては、週5.75ドル(約500円)を払うプレミアム会員限定となっている。
 そして、ニューヨーク・タイムズは、アイフォーン用やブラックベリー用プログラム、無料。プログラムのいらない携帯用ページ、無料。そして、ウェブも無料。ペイドコンテントの記事では、アイフォーン用プログラムは、320万回ダウンロードされているという。だがこれも来年初めに予定されている、ウェブの「メーター制」課金移行によって、見直されそうだ、という。
 ニューヨーク・タイムズは、近く売り出されるアップルの「アイパッド」用プログラムを、発表会で披露している。そして、基本的に、アイフォーン用プログラムは、アイパッドでも使える。
 ワシントン・ポストのウェブ無料、アイフォーン有料は、「『フリー』の世界のタダではない価値」で紹介した、無料版(フリー)と有料版(プレミアム)を組み合わせるビジネスモデル「フリーミアム」の側面もある。

 それに加えてこの時期のプログラム公開は、ニューヨーク・タイムズと同様に、アイパッド対策も大きな理由なのだろう。

UPDATE: 22:30 03-04-2009

ウェブ課金のウォールストリート・ジャーナルを忘れていた。アイフォーン用とブラックベリー用プログラムがあるようだが、いずれも無料。プログラムのいらない、携帯用サイトは、リンク先が、普通のウェブに飛んでしまう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 575,302 ヒット
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。