「死んだガールフレンド」をさがす

コメントする

01/20/2013 by kaztaira

ここ数日は、ネットも、通信社電も、ツール・ド・フランス7連覇のランス・アームストロングさんの薬物使用告白と、この話題で持ちきりだ。

Manti Te’o’s Dead Girlfriend, The Most Heartbreaking And Inspirational Story Of The College Football Season, Is A Hoax

ブログメディア「ゴーカー」系のスポーツニュースサイト「デッドスピン」が1月16日に掲載した調査報道による特ダネ。

teoカレッジフットボールのスターでNFLの有望ドラフト候補、ノートルダム大学のラインバッカー、マンティ・テオさんの「死んだガールフレンド」をめぐる感動的なエピソードが、「スポーツ・イラストレイテッド」「ESPN」などのスポーツメディアを始め、各メディアをにぎわせたのだが、それが全くのウソだったという騒動だ。

デッドスピンの記事は、すでに400万件近い閲覧があり、グーグル・トレンドでみると、この日、200万人以上が「モンティ・テオ」というキーワードで検索をかけている。

まずは、「死んだガールフレンド」のエピソードから。テオさんのガールフレンドは、「レネ・ケクア」さんという22歳のスタンフォード大学の卒業生。だが、交通事故で大けがを負い、しかも白血病と診断される。そして、昨年9月、ケクアさんは亡くなってしまう。

その数日後にあったミシガン州立大戦で、テオさんは悲しみを乗り越え、12タックルを決めて、20対3で大勝する・・・というのがストーリーだ。

デッドスピンはよく取材している。

「レネ・ケクア」という人物は、スタンフォードには学籍は見あたらないし、社会保障記録もない。しかも、「ケクア」として出回っていた写真は全くの別人がフェイスブックに投稿していたものだった、と。

どうも、「レネ・ケクア」のメディアとしてのそもそもの話の出元は、ノートルダム大のあるインディアナ州の地元紙、サウスベンド・トリビューンらしい。

2009年11月末のスタンフォード大戦のあと、同大のあるカリフォルニア州パロアルトで出会った、という筋書きだったようだ。

それを下敷きに、スポーツ・イラストレイテッド、ESPNなど他メディアも続々とこのエピソードにのっていく。しかも、テオさん自身だけでなく、その父親なども、取材に対して、「ケクア」についてのコメントをしていたり、と話がだんだんややこしくなっていく。

このストーリーによれば、2012年初めにつきあい始めるが、「ケクア」は交通事故にあったのをきっかけに白血病であることが判明し、同年6月には骨髄移植を受ける。

そして各メディア、ここがまちまちのようだが、9月11日から12日にかけて、テオさんの祖母と「ケクア」さんが相次いで亡くなる、と。このころには、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーク・ポスト、CBSなど、様々なメディアに「ケクア」が登場していたようだ。テオさんへの最後の言葉は「アイ・ラブ・ユー」だったと。

AP通信は彼女の葬儀についても配信したという。

では、現実には何が起きていたのか。

「デッドスピン」の取材では、「ケクア」という人物は存在はしていたようだ。ただ、ツイッター上に。2011年10月に、テオさんと「ケクア」のツイッターアカウントでやりとりが始まったという。

だが「ケクア」のアカウントで使われていた画像は、全く無関係の女性のフェイスブックに掲載していた画像の転載だった。

そしてデッドスピンは、この「騒動」を仕掛けた張本人が、この女性の高校時代の同級生で、本人も高校時代にはフットボールの選手だった人物だということも突きとめる。この男性が「レネ・ケクア」を名乗り、ツイッター上でテオさんと「交際」していたのだと。

しかも、この男性とテオさんは、知り合いでもあったようだという。そして、デッドスピンは友人たちの見立てとして、2人はグルだったのでは、と指摘する。

デッドスピンが更新情報として紹介しているテオさんの声明では、「たちの悪い冗談の被害者だ」という主張のようだ。

ネットがらみの成りすましがメディアに登場する騒ぎは今に始まったことではない。

2011年6月には、シリア民主化運動のヒロインとして英ガーディアンなどに紹介された女性ブロガー「ダマスカスのゲイガール」が、実は40歳の米国人男性だった、という騒動もあった。

Gay Girl in Damascus hoaxer acted out of ‘vanity’ 

間に様々なメディアや情報が介在すると、事実関係や文脈が見えにくくなったりもするし、自分自身、同じ轍を踏まないとは言いきれない。

ただ、基本はそう難しいことではない。共通するのは、本人確認をだれもできていなかった、という点だ。実在しないのだから。

できすぎた話には気をつける。駆け出しのころ、そんな教訓を教わったことも思い出す。

—————————————-

cover3

『朝日新聞記者のネット情報活用術』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。