360度3Dでニュースを体感する:バーチャルリアリティ・ジャーナリズムが一気に加速

コメントする

11/13/2015 by kaztaira

米メディアで「バーチャルリアリティ(VR、仮想現実)」を使った360度3Dの動画が相次いで公開されている。

島田範正さんもブログ「IT徒然」で紹介されているが、11月に入ってから、ウォールストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、APからバズフィードまで、それぞれ力のはいったコンテンツを投入。

特にニューヨーク・タイムズは、グーグルと提携して100万を超す読者に段ボール製のスマートフォン用ビューアー(ゴーグル)を配布したこともあってか、「NYT VR」と名づけた専用アプリが、同社のアプリ群の中でも最も高い人気を誇っているという。

当事者の視点で風景を目にし、〝ニュースを体感する〟という、新しい表現方法の模索が始まっている。

●360度3D

最も目をひくのは、ニューヨーク・タイムズが5日に公開したコンテンツ「難民」だ。

vr1

これはニューヨーク・タイムズ・マガジンの特集と連動した動画で、11分超のドキュメンタリー。

シリアからレバノンに逃れた12歳のハナ、南スーダンの内戦で祖母と避難生活を送る9歳のチュオル、ウクライナ内戦で廃墟となった村に避難先から戻って暮らす11歳のオレグ。

3人の日常風景を、子どもたちと同じ目線で、映像は淡々と追っていく。

その映像を360度の3Dで見るのは、単なる動画視聴ではなく、まさに〝体感〟だ。

等身大の子どもたちが、ほんの1メートル先で歩き回り、しゃべっているように見える。

風の音、水面の揺らぎ、立ち上がる砂ぼこり。ぐるりと体を一回りさせれば、主人公たちを取り巻くすべての風景が視界に入ってくる。

その風景の中心に、自分自身も立ち会っている感覚なのだ。

360度の動画はパソコンでも閲覧可能で、カーソルの操作で画面を回転できる。

ただ、360度3Dで動画の中に入り込むような体感をするには、スマ-フォトフォンアプリ「NYT VR」をダウンロードして視聴することになる。

タイムズのリリースによると、実数は明かしていないものの、公開後4日間のダウンロード数が同社の他のアプリを上回る勢いで、「NYTのアプリの中で最も成功した」としている。

また、3Dの閲覧にはスマートフォンを差し込むゴーグル型のビューアーも必要だ。

このため、ニューヨーク・タイムズはグーグルと提携。8日までに120万人の日曜版購読者(と一部、デジタル版購読者)に、グーグル製組み立て式の段ボールビューアー「カードボード(段ボール)」を配布している。

上記リリースによると、VRアプリの平均滞在時間は14.7分。つまり11分超の「難民」を最後まで閲覧しているようだ。

また、アプリはゴーグルを使った3Dモードと、360度のみの2Dモードが選べるようになっているが、92パーセントが3Dモードで視聴したという。

●ネイティブ広告も

今回のプロジェクトにはゼネラル・エレクトリック、ミニの2社のスポンサーがついているという。そして、ネイティブ広告として、それぞれ同じ360度3DによるCG実写のコンテンツも配信中だ。

同社はすでに今春、フランス出身のアーティスト、JRさんのプロジェクトを記録した7分近い同様の動画を公開している。

これも360度3Dの特徴を生かした、奥行きのあるコンテンツだ。

ただ、この時は積極的なプロモーションはせず、あくまで実験ベースという位置づけだったという。

「バーチャルリアリティ」は一般的に、コンピューターグラフィックス(CG)による3D映像のイメージが強かった。

「バーチャルリアリティ・ジャーナリズム」「イマーシブ(没入型)・ジャーナリズム」などの呼び名で語られてきた従来のメディアの取り組みも、CGによる現場の再現と、ゴーグル型ディスプレイでの追体験、というスタイルが主だった。

ところが、アクションカメラの「ゴープロ」を6台から十数台組み合わせ、グーグルの「ジャンプ」などのプラットフォームを使うことで、360度3Dの実写によるバーチャルリアリティが一気に身近なものになった。

ユーザー側も、VRアプリを手持ちのスマートフォンにダウンロードし、1000円前後の安価なゴーグルに装着すれば、すぐに360度3D動画を楽しむことができる。

この環境変化で、VRジャーナリズムに注目が集まったようだ。

●米メディアが次々参入

ウォールストリート・ジャーナルも、タイムズの前日の11月4日、名門「アメリカン・バレー・シアター」のソリスト、サラ・レーンさんを追った4分半ほどの動画「リンカーンセンターのバレリーナの舞台裏」を公開した。

レーンさんは、ナタリー・ポートマンさんがアカデミー主演女優賞を獲得した映画『ブラック・スワン』でダンスの代役を務めたことでも知られる。

ジャーナルは今春にも、CGによるバーチャルリアリティのコンテンツ「ウォールストリートは新たなバブルか」を公開。今年のオンライン・ジャーナリズム賞を受賞している。

APもタイムズと同じ今月5日、フランス北部の難民キャンプの動画を公開。

PBSのドキュメンタリー番組「フロントライン」は9月下旬、エボラ出血熱の感染の広がりをCGと実写でまとめたVR「エボラ・アウトブレーク」を、グーグルのアンドロイド用アプリとして公開。

さらに今月12日には、フェイスブックのVRプラットフォーム「フェイスブック360度」上でも公開した。

バズフィードも翌13日、ドローン(DJIファントム)に360度カメラを搭載、地上では一部、リコーの携帯用360度カメラ「シータS」も使いながら、やはり「フェイスブック360度」で、カリフォルニア州の森林火災の被害状況を伝えるニュース動画を公開している

ABCニュースはこれに先立つ9月半ば、シリア・ダマスカスの遺跡破壊などのおさめたVR動画を公開していた。

●バーチャルリアリティ・ジャーナリズムの心得

加速気味のバーチャルリアリティ・ジャーナリズムだが、コンテンツづくりには、いくつかの押さえておくべきポイントがあるようだ。

国際的なメディア関係者のグループ「グローバル・エディターズ・ネットワーク」は12日付で、「あなたの編集部でイマーシブ・ジャーナリズムを実践する方法」というタイムリーな記事をまとめている。

その中で、専門家による注意点を5つにまとめている。

1)ユーザーを乗り物酔いさせるな

ゴーグル越しにVRコンテンツを見ているユーザーは、予期せぬ画像の加速や揺れによって、乗り物酔いのような状態になってしまう。

2)没入させよ

360度カメラは、従来のカメラのように使うのではなく、周囲を見回すユーザーの頭部のように扱った時に威力を発揮する。

3)投影の効果は強力

ユーザーは登場人物と一体化する感覚を味わい、通常の動画よりも強い共感を抱く。

4)各場面のカギとそのヒントを前もって考えよ

映像を見るアングルなどを、ユーザーが主導権を取って選べることがVRコンテンツの魅力だが、各場面で重要な部分はどこかを示すために、画像への表示や音響効果、ストーリーの進行をいったん止める、などのヒントを与えることが必要。

5)ストーリーを伝えるということを忘れずに

VRというメディアの目新しさから、往々にしてコンテンツよりも360度動画という形式を優先させてしまいがちだ。よいストーリーの魅力を増す。それが目的だということを、肝に銘じて。

確かに。

———————————–

※このブログは「ハフィントン・ポスト」にも転載されています。

Twitter:@kaztaira

『朝日新聞記者のネット情報活用術』

電子書籍版がキンドルiブックストア楽天koboなどで配信中

cover3

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。