「FOXの捏造」疑惑、フェイクニュースを裁判所が判断する

コメントする

08/13/2017 by kaztaira

IMG_0827メディアやホワイトハウスを巻き込んだフェイクニュース騒動を、裁判所が判断することになった。

米民主党スタッフが昨年7月、ワシントンの路上で射殺された事件をめぐるフェイクニュースが8月1日、ニューヨークの裁判所に持ち込まれた。

米FOXが報じた関連ニュースで、カギとなる「証言者」とされた私立探偵が、「発言はFOXに捏造されたものだ」とし、トランプ政権の「ロシア疑惑」隠しを狙ったもの、と主張。FOXニュースと担当記者、親会社の21世紀フォックスを訴えたのだ。

このフェイクニュース騒動は、そもそもの殺人事件に加えて、民主党へのサイバー攻撃とメール大量流出、ウィキリークス、トランプ政権と「ロシア疑惑」も絡み、さらにベテランジャーナリストのシーモア・ハーシュ氏の名前まで飛び出すなど、極めて入り組んだ経過をたどっている。

そして「証言者」の訴えは、配信前のこの「ニュース」の内容を、トランプ大統領も把握していた、との疑惑まで挙げているのだ。

●「証言者」が訴える

FOXを訴えたのは私立探偵のロッド・ウィーラー氏。元ワシントン首都警察の殺人事件担当の刑事で、10年にわたってFOXのコメンテーターを務めてきた。

8月1日付でニューヨーク南部地区連邦地裁に提出された33ページの訴状には、このフェイクニュース騒動の「内幕」が克明に記されている。

問題となったのは、5月16日にFOXニュースがウェブ版で報じた記事「殺害された民主党全国委員会スタッフがウィキリークスと接触、複数の情報筋が証言」。

wheeler_fox2

※参照:民主党スタッフ射殺事件とウィキリークス:フェイクニュースはなぜ再び拡散したのか?

記事は、こう報じていた。

昨年7月10日、ワシントンDCの自宅からすぐ近くの路上で銃撃された民主党全国委員会のスタッフが、数千通におよぶ内部メールをウィキリークスに流出させていたことが、捜査関係者らのFOXニュースへの証言でわかった。

訴えでは、この記事の核心部分である、民主党のスタッフとウィキリークスをつなぐ”疑惑”についての、ウィーラー氏によるものとされた次の2つの「証言」が、担当記者による捏造だった、と主張している。

これまでの私の調査によれば、(射殺された民主党スタッフ)セス・リッチ氏とウィキリークスの間でいくつかのメールのやりとりがあったことがわかっている。

私の調査によれば、ワシントンの政府、民主党全国委員会、あるいはクリントン陣営の誰かが、殺人事件の捜査の進展を阻止している。残念なことだ。セス・リッチ氏の殺人事件は、その結果、未解決のままなのだ。

●民主党スタッフ射殺事件とウィキリークス

フェイクニュース騒動は、こんな経過をたどった

民主党スタッフ、セス・リッチ氏27歳が射殺される事件が起きたのは、2016年7月10日の日曜日、午前4時20分。

リッチ氏はホワイトハウスの北東3キロの路上で、背中などに数発の銃撃を受け、死亡した。現場は、リッチ氏の自宅からわずか1ブロックの場所。

ワシントンの首都警察は、遺体には争った跡もあり、強盗未遂にともなう犯行、と見ているが、容疑者の行方はわかっていない。

射殺事件の1カ月前、米大統領選さ中の昨年6月15日に、民主党全国委員会へのサイバー攻撃が明らかになった

セキュリティー会社の調査により、その手口から、攻撃はロシアの情報機関傘下にあるハッカーグループによるものとされた。今年1月に米情報長官室がまとめた、ロシア政府による米大統領選介入に関する報告書でも、やはりロシアのハッカーグループによる犯行と認定されている。

今にいたるトランプ政権の「ロシア疑惑」の源流だ。

※参照:米大統領選、ロシアハッカー、ウィキリークス:米民主党メール流出の裏で何が起きているのか
※参照:サイバー攻撃と偽ニュース:ロシアによる米大統領選妨害は、いかに行われたのか?

そして民主党の大統領候補を指名する全国大会が開かれる直前というタイミングの2016年7月22日に、告発サイト「ウィキリークス」が、2万通の民主党全国委員会の内部メールや文書の公開を始めた

メール流出は、ロシアによるサイバー攻撃の結果、ウィキリークスに持ち込まれたもの――大方の見立てはこうだった。

だがそこに、ネット掲示板などで「民主党による内部犯行説」が広がり始める。リッチ氏こそウィキリークスにメールを持ち込んだ情報源で、そのために殺害されたのだ、と。

その火付け役の一人が、ウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジュ氏だった。アサンジュ氏は当時、こう述べた、とFOXは報じている。「我らの情報源が危険を冒したしたのだろう」

●「ロシア疑惑」の高まりとフェイクニュースの復活

そしてリッチ氏殺害事件から10カ月後、このフェイクニュースが再び注目を集める。

トランプ大統領は2017年5月9日、政権の「ロシア疑惑」を捜査中だった連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃解任。「ロシア疑惑」への関心は一気に高まっていた。

そのちょうど1週間後の5月16日、再びリッチ氏殺害とウィキリークスを関連づけて見せたのが、前述のFOXの記事「殺害された民主党全国委員会スタッフがウィキリークスと接触、複数の情報筋が証言」。そこで、FBIがこの両者のつながりをつきとめた、との証言を担ったのがウィーラー氏だった。

だがこの記事は、リッチ氏の遺族からの抗議などもあり、公開から1週間後の5月23日に削除されることとなった。削除に際し、フォックスはこのような声明を公表している

5月16日に、2016年の民主党スタッフ、セス・リッチ氏殺害に関する捜査についての記事をFOXニュースのウェブサイトに掲載しました。この記事は当初、すべての記事について課している厳密な編集チェックが行われていませんでした。しかるべき検討の結果、この記事は我々の基準を満たしていないことがわかったため、削除しました。

ただ、FOXニュースからは削除されたものの、その短縮版の記事は、今もなお、オピニオンサイト「FOXネーション」には掲載されたままだ

●「大統領もすぐ記事を配信してほしいと」

ウィーラー氏の訴状によれば、このFOXの記事をめぐる騒動のすべてのカギを握るのが、やはりFOXのコメンテーターで、トランプ氏の支持者として知られる資産家のフィナンシャルアドバイザー、エド・ビュトウスキー氏だ。ホワイトハウスとのパイプもあり、問題となったFOXの記事を背後からコントロールしていたのだ、という。

ビュトウスキー氏は、リッチ氏の殺害事件から7カ月後の2017年2月、その遺族に事件解明のための資金提供を申し出る。さらに、事件解明に力を貸してほしい、とウィーラー氏に接触。実質的にビュトウスキー氏がウィーラー氏を雇い入れる形で、リッチ氏の遺族の元に送り込む。

ビュトウスキー氏はウィーラー氏に対し、遺族のための事件調査に加えて、亡くなったリッチ氏のパソコンにウィキリークスとの接触を示す証拠があったと結論づけたFBIの報告書がある、という疑惑の調査についても持ちかけた、という。すなわち、問題のFOXの記事だ。

その中で、ベトナム戦争報道やイラクのアブグレイブ刑務所の捕虜虐待報道で知られるベテランジャーナリスト、シーモア・ハーシュ氏も、このFBIの報告書のことをつかんでいる、と述べたという。ただ、ハーシュ氏は、今回の騒動との関わりについては否定している。

この訴訟を最初に報じたNPRの取材に対し、ハーシュ氏はこう述べている。「2足す2で、(4どころか)45をつくり出すような(荒唐無稽な)話だ」

また、問題の記事の筆者であるFOXニュースの調査報道記者、マリア・ジンマーマン氏も、ビュトウスキー氏からウィーラー氏に紹介されたのだという。

そして、ビュトウスキー氏の狙いはトランプ政権の「ロシア疑惑」から世間の目をそらすことで、ウィーラー氏にはその協力をしてほしい、と。

トランプ大統領が5月9日にコミーFBI長官を解任。「ロシア疑惑」がメディアの焦点として過熱していく中で、ウィーラー氏は翌10日、ビュトウスキー氏とジンマーマン氏から、FBIの情報源によって、亡くなったリッチ氏からウィキリークスに送信されたメールが確認できた、との連絡を受けたという。

これを受けて、ウィーラー氏はFOXの番組で証言役を担うことになる。

訴状によれば、ビュトウスキー氏はウィーラー氏へのメールで、FOXの番組で証言する際の注意点を具体的にこう記していた、という。

インタビューの中で君が語るはずの内容は、君(とジンマーマン氏)の調査によって、ロシアは民主党全国委員会にサイバー攻撃も仕掛けなかったし、メールも盗まなかった、そして大統領選に影響も与えなかった、ということが判明した、というストーリーだ。

訴状は、さらにビュトウスキー氏とホワイトハウスとのつながりを示すエピソードについても、指摘する。

4月20日には、ウィーラー氏はビュトウスキー氏に連れられ、ホワイトハウスでスパイサー報道官(当時)と面会。問題の記事の概要についても説明したという。

報道官辞任後のスパイサー氏は、NPRの取材に対し、この面会と記事の概要の説明を受けたことについては、認めている。

さらに記事配信前々日の5月14日、ビュトウスキー氏は、ウィーラー氏へのテキストメッセージで、こう伝えたのだという。

余計なプレッシャーを与えたくはないが、(トランプ)大統領もちょうど記事を読んだところだ。彼はすぐにでも記事を配信して欲しいそうだ。今や、すべては君にかかっている。だが、プレッシャーを感じることはない。

ビュトウスキー氏はNPRの取材に対し、これは「ジョークだった」と釈明している。

さらに、記事配信後、ウィーラー氏が、自分の話していない発言を引用されていることについて、ビュトウスキー氏に電話で説明を求めた際、同氏はこう述べた、という。この引用が記事にあるのは、大統領が記事をそのようにすることを望んだからだ、と――

もっとも、ジンマーマン氏の説明では、この引用が記事にあったのは、FOXニュースの上司に言われたためだった、としている。

ウィーラー氏の弁護士は、この騒動を、こう見立てているという。

ウィーラー氏は残念ながら、ビュトウスキー氏、FOXニュース、そしてトランプ政権によって、ロシアによる民主党全国委員会のメールへのサイバー攻撃から、関心をそらすための”駒”として利用されたのだ。

●いくつかの疑問点

疑問点も残る。記事の公表まではそれなりの時間があったにもかかわらず、なぜ、社内的に必要なチェックを経るという手続きを怠ったのか、という点だ。

CNNの報道によると、これにはウィーラー氏の奇妙な行動が影響している、という。

FOXのジンマーマン氏は記事公表の前日である5月15日に、ウィーラー氏に原稿を送る。するとウィーラー氏はその原稿を、ワシントンにあるFOXの提携ローカル局WTTGの知り合いの女性記者に送ったというのだ。「彼女がそれについて聞いたことがあるかどうか知りたかった」とウィーラー氏は説明しているという。

ところが、この記者はウィーラー氏へのインタビューを行った上で、WTTGはその晩のうちにこの話題を抜け駆け的に放送してしまう。

WTTGの”スクープ”を後追いするような形で、FOXは翌朝、ドタバタでジンマーマン氏の記事を配信したのだという。

さらに、ウィーラー氏の訴訟の動機だ。

ウィーラー氏は、訴状の中で、問題に記事に関する訴えとは別に、FOXが人種差別的扱いをした、との主張も行っている。

黒人であるウィーラー氏は、そのために、白人の同僚たちに比べて給与や昇進で差別をされていた、と述べているのだ。

ホワイトハウスがどこまで関与していたのかもよくわからない。

ホワイトハウスとの直接のつながりは、ビュトウスキー氏と以前から面識のあったスパイサー氏と4月に面会をした、という事実だ。

だが、トランプ氏が記事の草稿に目を通した、という点などは、ビュトウスキー氏による伝聞情報にすぎない。

●FOXとホワイトハウスの反応

今回の訴訟については、NPRの報道を受け、各メディアも一斉に取り上げている。

ホワイトハウスのサンダース報道官は、8月1日の会見でこう述べている

大統領は記事のことは何も知らないし、大統領やホワイトハウスが関わっていたというのは、まったく事実に反する。

また、FOXニュースのジェイ・ウォレス社長はこんな声明を発表している

FOXニュースが、ロシア疑惑報道から関心をそらすために、マリア・ジンマーマン記者の記事を配信したというのはまったくの間違いだ。記事の撤回については、なお内部で調査中だが、ジンマーマン氏がロッド・ウィーラー氏の発言を誤って引用したとの証拠は見つかっていない。

この騒動に関してFOXは、「記事の編集チェックがおこなわれていなかった」という5月23日の声明と記事の撤回から1カ月以上が経つが、一貫して「調査中」という立場を続けているようだ。

CNNによれば、FOXニュースのウェブ版で記事の配信にあたったグレッグ・ウィルソン編集局次長は、編集局長に昇進し、担当記者のジンマーマン氏も、以前と変わりなく報道の仕事を続けており、処分などは行われていないようだ。

——–
■新刊『信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体』(朝日新書)6月13日発売。

「信じてはいけない」書影帯あり

■デジタルメディア・リテラシーをまとめたダン・ギルモア著の『あなたがメディア ソーシャル新時代の情報術』(拙訳)全文公開中

※このブログは「ハフィントン・ポスト」にも転載されています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 582,060 ヒット
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。