「ベネズエラ政権による救援トラック炎上」の誤情報はいかにして広まったか

コメントする

03/11/2019 by kaztaira

ベネズエラへの人道支援物資を運んだトラックが、同国のマドゥロ政権側の放火で炎上した――2月23日に起きたこの事件は、反米の姿勢を打ち出すマドゥロ政権の反人道的なイメージを拡散。米国はこの事件を理由として、ベネズエラに対する追加の経済制裁措置を発表した。

だがニューヨーク・タイムズは3月10日、その現場を撮影した動画の分析から、この人道支援トラック炎上が、マドゥロ政権側と対峙していた反政府勢力の火炎瓶が原因だった、と指摘。

さらに「マドゥロ政権側の放火」の情報がいかに拡散していったかを検証した。

IMG_1191 (2)

政府関係者、メディアが、次々にこの誤情報を増幅。誤情報は「既成事実」となり、それを前提に情報戦が展開される――。

誤情報拡散のケーススタディとなる事件だ。

●何が起きたのか

ベネズエラはマドゥロ政権の失政による経済の混乱から、300万人を超すと見られる難民が国外に逃れている。

米国を含む50カ国以上が、ベネズエラ暫定大統領就任を宣言した反政権側のグアイド国会議長を支持。マドゥロ大統領への退陣圧力を強めている。これに対して、ロシア、中国はマドゥロ政権への支持を表明している。

2月22日、ベネズエラとの国境の街、コロンビア・ククタでグアイド国会議長が、翌23日に米国などからの医薬品、食料などの人道支援物資を搬入すると宣言。

コロンビアのドゥケ大統領のほか、パラグアイのベニテス大統領、チリのピニェラ大統領、米州機構のアルマグロ事務総長らもククタに集まった

事件が起きたのは、2月23日。

現場は、コロンビア・ククタとベネズエラ・ウレーニャを結ぶフランシスコ・デ・パウラ・サンタンデール橋。

人道支援物資を載せたトラック4台が、コロンビア側からベネズエラへの入国を試みる。だが橋の反対側は、マドゥロ政権側の治安部隊が封鎖。

にらみ合いの中で、治安部隊は催涙ガス弾、ゴム弾で搬入を阻止。物資のトラックとともに入国を試みる反マドゥロ政権のグループは、火炎瓶で対抗する。

そのさなか、午後1時半すぎ、1台のトラックの荷台のほろに火がつく。そして火は燃え広がり、現場はパニックになった。

●削除されていた13分間の映像

ニューヨーク・タイムズによると、この事件の経緯について、まずコロンビア政府が現場の監視カメラによる動画を、コロンビアのメディアと米国政府に提供。ベネズエラの治安部隊が催涙ガス弾を投てき、爆発し、その後、支援物資のトラックが煙に包まれる様子が映されており、トラック炎上がベネズエラ政府側によるものである、との印象を持たせる内容だった。

ところが、この動画ではトラック炎上にいたる13分間の映像が編集で削除されていた、とタイムズは指摘する。

タイムズはその削除部分を含む、一連の経緯を撮影したテレビ映像を入手。その内容を検証したという

テレビ映像は、反マドゥロ政権グループが治安部隊に向かって、火炎瓶や石を投げつける映像を、反政権側から撮影している。

その中に、反政権グループの一人が、4台の支援物資トラックの3台目の左脇から、火炎瓶を2度、治安部隊に向かって投げつけている様子が映されている。

2度目の火炎瓶は、投げつけた後、瓶の口に差し込んだ着火部分のくずと、瓶とが分離。火のついたくずが右側にそれていく様子がわかる。その先にあったのが2台目の支援物資トラックだった。

そして2台目のトラックの幌は間もなく火の手をあげている。

コロンビア政府が公開した動画では、この反政権グループのメンバーによる火炎瓶投てきの場面が削除されていた、という。

そして、両方の動画を比較すると、この火炎瓶の火が、炎上の原因となった可能性が高い、とタイムズは指摘する。

●誤情報をいかにして広がったか

ニューヨーク・タイムズの検証では、その広がり方はこんな具合だった。

トラックが炎上しパニックとなったのが現地時間の午後1時56分。

それをコロンビアのテレビ局「NTN24」の公式ツイッターアカウントが、映像とともに「治安部隊が人道支援トラックを催涙弾で放火」と配信したのが午後2時12分。このツイートは1万1000回以上リツイートされている。

truck2

その12分後、それを米共和党上院議員のマルコ・ルビオ氏が「マドゥロ政権側政権の治安部隊がベネズエラの飢えた人々のための食料と医薬品を積んだ支援トラックに放火した」とリツイートする。このツイートも7500回以上リツイートされている。

truck1

午後3時36分には、この事件を国家安全保障問題担当の米大統領補佐官、ジョン・ボルトン氏が「(マドゥロ政権が)支援トラックに放火」とツイート。1万1000回以上リツイートされた。

truck3

午後5時19分には、支援物資の送り元である、米国際開発庁長官のマーク・グリーン氏が「マドゥロ氏が支援トラックへの放火を命じた」とツイート。800回以上リツイートされる。

truck4

そして午後7時53分、米国務長官のマイク・ポンペオ氏が「人道支援を拒絶したマドゥロ氏を非難する」と炎上したトラックと現場の画像とともにツイート。5500回以上リツイートされている。

truck5

さらにこの事件については、FOXニュースがポンペオ氏へのインタビューで報じている

CNNなどのメディアも当初は、これがマドゥロ政権側の治安部隊によるものと報じた、と調査報道メディア「インターセプト」のグレン・ウリーンウォルド氏は指摘する

この事件はその後もマドゥロ政権側の治安部隊によるものとして拡散。

ペンス米副大統領も25日、「カラカスの暴君の部下がベネズエラに向かっていた食料と医薬品に放火した」とツイート。同日、この支援トラック炎上事件も指摘して、ベネズエラに対する新たな経済制裁措置を発表した。

●「古典的な拡散」

ニューヨーク・タイムズの検証動画は、この事件を、「古典的なネット拡散」だと指摘する。

橋の上で起きた事件は、ネット上での誤情報の古典的な拡散の事例だ。うわさや未確認の情報が流される。それが影響力のある人々によって増幅される。主要メディアがそれをマスに届ける。そして、今回の場合、それが現実的な結果(追加制裁)に結びついた。

古典的ではあっても、しっかりと理解しておきたい事例だ。

——–
■最新刊『悪のAI論 あなたはここまで支配されている』(朝日新書、2月13日発売)

書影_1013_1

信じてはいけない_書影

■フェイクニュースの本当の怖さとは?『信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体

■デジタルメディア・リテラシーをまとめたダン・ギルモア著の『あなたがメディア ソーシャル新時代の情報術』(拙訳)全文公開中

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

アーカイブ

ブログ統計情報

  • 776,075 ヒット
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。